種類の違いで

整形

しみに対する治療法は数多くあります。フォトフェイシャルは光を顔に照射し、沈着したメラニンにダメージを与えます。レーザーのように痛みがないので、痛みに敏感な人に向いています。何回か通って徐々に薄くしていきます。レーザーを使った治療は、メラニン色素にだけ反応するレーザーを照射し、しみを除去します。一か所に一回ですみます。ケミカルピーリングは酸を使い古い角質を落とすもので、しみを薄くしながら何回か通います。ビタミンC導入は、肌には吸収されないビタミンCを肌から浸透できるように処理したもので、メラニンの生成を抑えます。美白の効果やしみの予防にもなります。塗り薬による治療は、ハイドロキノンなどを皮膚に塗り、しみを薄くし、メラニンの合成を妨げます。

しみの治療は美容皮膚科や美容外科で行います。エステなどでもフェイシャルを行っていますが、美容外科や美容皮膚科は目に見えるように治療の効果をあげることを目的としているので、確実にしみを薄くしたり除去したりできます。 しみの治療は患者も多く、種類も多様ですが、クリニック側も多様な治療方法で対応しています。難しいとされてきた肝斑も、レーザや外用薬と内服薬の組み合わせで治療を行います。 レーザー機械も進歩しており、しみの種類や濃さに合わせて、多種類のレーザーを使い分けます。たとえば、狭い範囲にピンポイントで照射するものや、広い範囲を照射するもの、皮膚のより深いところに到達する波長の機械などがあります。美容外科や美容皮膚科では、レーザー後にダメージを受けた部分のアフターケアも行います。